2017年10月/ 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--年--月--日 (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Edit】 |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007年07月01日 (Sun)

【ランクS】寄生獣

誰かが ふと思った

『生物(みんな)の未来を守らねば‥‥‥‥‥』


【寄生獣】
寄生獣 (1)

最近、友人に貸すついでにまた読み直してみた寄生獣ですが、
やっぱり文句なしの傑作ですね。最高。

度々ある残酷描写(あまりそれを感じさせないのは絵柄のためだろうか)、
重く考えさせられるテーマ、主人公の悲惨な境遇。
それらが複雑に絡み合うストーリーだが、実にグイグイ読ませてくれる。


ネタバレは避けたいので深くは言えませんが、
正直8巻、9巻の展開で僕の中でこの作品は最高傑作に昇華した。
(もちろんそれまでの物語があってこそだが)

田村玲子の最期、広川の演説、どれも震え上がりました。


「人間どもこそ地球を蝕む寄生虫。いや・・・寄生獣か!」


物語中たった一度だけ出てきたタイトル。
そうそれまで一度も、「寄生獣」という単語はそれまで出てこなかったのだ。
正真正銘たった一度だけ出てきたタイトル。それも人間に向けられた言葉。

そこで今まで頭の中で勝手に「寄生獣=ミギーたち」という方程式を作り上げ読み進めていた自分がいることに気づかされる。

それが人間に対しての言葉でもあるという可能性は微塵も考えずに、だ。

結局人間だって地球に寄生する寄生獣に過ぎない。
正直、ここでそれを気づかせる、作者の構成力は素直にすごいと思う。

最終巻も本当によかった。ミギーの言葉に涙したのは私だけじゃないはず。

読み返すたびに、また新しい側面も見つけることができる寄生獣。
本当にお勧めです。多分、死ぬまでこの作品が私の心の中で消えることはないと思う。





寄生獣―完全版 (1)
寄生獣―完全版 (1)
posted with amazlet on 07.07.01
岩明 均
講談社 (2003/01)


完全版も出てるみたいですね。
私は元の表紙の方が好きですが。
スポンサーサイト
【Edit】 |  12:52 |  漫画レビュー  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメント

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 

稼ぐメニュー

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

訪問感謝。

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。